1階賃貸物件(マンション・アパート)・不動産情報で賃貸マンション・賃貸アパートなど賃貸物件の部屋探し

  • 沿線・駅検索
  • 地図検索
  • 住所検索
  • 店舗検索

1階賃貸物件(マンション・アパート)

1階

1階の賃貸物件(マンション・アパート)特集!マンションやアパートなどの集合住宅の建物では2階以上にある部屋が一般的には選ばれやすいのですが、一階にも家賃が安い等のメリットがあります。どのような部屋でどのように暮らすのかを考えた結果、一階の賃貸物件のほうが自分には合っていた、というケースもあります。

1階賃貸物件(マンション・アパート)特集のポイント

12階以上と比べると1階のほうが家賃が安い傾向有り
お部屋探しにおいて、眺めやセキュリティなどの面を考慮して2階以上の部屋を絶対条件とする方がいらっしゃいますが、階数にこだわりが無いのであれば一階の部屋は狙い目です。同じ間取・設備・広さの部屋でも、部屋がある階によって賃貸の家賃が異なるケースが非常に多いです。こだわりの無い方は一階の部屋を選んで節約したり、浮いた家賃を別のことに使って生活を充実させてみてはいかがでしょうか。
21階の部屋なら下階への生活音を気にする必要が無い
自分の部屋が建物の一番下にあるため、下階への物音を気にする必要がありません。小さなお子さんがいるご家庭や、趣味や暮らし方の都合で物音が多い方、また生活サイクルが夜型なので深夜帯に生活音が発生する方などは、下階を気にせずに済む1階はトラブルの発生確率が低くなりますのでオススメです。
31階なら建物入口から部屋までが近くて便利
2階以上の部屋の場合、建物入口から部屋までに階段あるいはエレベーターを使うことになりますが、1階の部屋ならその必要はありません。外出や帰宅時の時短に繋がることは大きなメリットで、一回あたりは僅かな差でも毎日積み重なれば大きな時間短縮に。ごみ捨てや荷物搬入のことを考えても1階のほうが2階以上よりも便利です。

その他の特集一覧

ページトップへ