オーナーの皆様へ
ちょっと一息

ときどき、一般の情報誌に賃貸の話題を取り上げて掲載している事があり、編集の内容は今時の賃貸実情などのテーマで「人気の間取りや好まれる設備・希望する賃料など」ユーザーのニーズが解りやすく解説されている事があります。これらの情報を上手く活用し、安定した賃貸の運営に役立ててください。

賃貸の経営は、継続的に安定した収益を得ることができると言われています。その為には所有する建物(商品)を効率よく運営することが重要なポイントとなります。顧客(借主)のニーズを把握し、商品価値を維持し、高稼働率をキープする必要があります。賃貸の経営は、「所有する建物を良い資産に育てる」ぐらいの気持ちで取り組むのが良い結果を生みます。

賃貸経営のメリット・デメリット

メリット
  • 安定収入が見込めます
  • 税制上の優遇があります
  • 優質な資産として残すことができます
デメリット
  • 空室が発生するリスクがあります
  • 他への転用が難しくなります
  • 建物維持管理等のコストがかかります

賃貸事業で成功するには、「土地」の部分と「建物」の部分を分けて考えると解りやすいと思います。「土地」の購入に際しては、10年先の市場状況を予測して購入するようにしてください。駅に近い・買い物の便が良い、・交通の便が良いなどの条件的に揃っている土地は人気が高いので購入費も割高になります。費用対効果を考慮して購入の判断を行ってください。

POINT

土地を購入する際は、候補地の調査をしっかり行いましょう。特に現地への訪問調査は重要です。現地へは、訪問する時間帯や曜日にも気をつけてください。周辺地域の生活状況は朝と夕、平日と土日ではその顔が異なります。その他に第三者に市場の評価を行ってもらうことも重要です。地域の賃貸業者等の意見も聞くようにすればよいと思います。

エイブルでは、オーナー様にとって最善の形態は何かを考え、最適なプランをご提案しています。
事業に関する質問・その他のご相談についてカスタマーサポートグループ(お問い合わせフォーム)までお気軽にお問い合わせください。

賃貸物件を運営するに当って、賃貸ビジネスの特性を十分に理解し、市場情報の収集と分析を確実に行い無理のない計画を立てることが大切です。

計画の立て方

事業の計画は、
1. 「計画の初期段階から建物が完成する入居開始前まで」
2. 「入居開始後から建物の稼動年数が終了するまで」
の二つに分けて計画しましょう。そうすることで、
1) それぞれの計画期間中に予想されるリスク
2) 両方にまたがって発生するリスク
などが明確になり、事前の対策を練る事ができます。

賃貸事業計画の全体像


ポイント

1. 事前計画の段階で情報収集を行う

  • 建物周辺の住環境や交通の利便性など、地域の特性を把握した市場の分析ができていますか?
  • 顧客(ユーザー)の一番近くで仕事をしている人(=不動産会社・仲介業者)から、意見やアドバイスを貰うのも良いでしょう

2. コストの掛け方に注意する

  • 設計者や工務店の担当者など、相手任せになっていませんか?
  • コストを抑えるより、上手に予算を使う考え方が大切です

以上の点に注意して計画を立て、運営してください。
集客・客付けの専門業者の意見は事業者にとって、これほど心強いものはありません。

なら

全国に展開するエイブルの直営店舗が地域の賃貸市場を把握・分析しています。

  • この地域で賃貸を運営しても大丈夫だろうか
  • 本当にこの間取りでよいのか
  • 豪華な設備は必要なのだろうか
  • いつごろの完成が良いのだろうか
  • 5年後10年後の需要はどうなるだろうか

エイブルでは、オーナー様にとって最善の形態は何かを考え、最適なプランをご提案しています。
事業に関する質問・その他のご相談についてカスタマーサポートグループ(お問い合わせフォーム)までお気軽にお問い合わせください。